愛犬のベッド、ベストなサイズは?

Posted by

犬のベッドを購入するとき、サイズ選びに迷う飼い主さんがたくさんいらっしゃるようですね。多くの場合はペットサークルの中に設置できるサイズや、愛犬が丸まった態勢で眠るスペースほどのサイズを無難に選ばれることが多いようですが、長い目でみるとそれではとても小さいのです。

確かに眠るときや安静時に犬がくつろいでいるときにはそのサイズで良いようにみえるのですが、愛犬の成長の段階を考えるとベストなサイズではないため、結局は段階に応じて買い替えの必要に迫られることになってしまいます。

では犬のベッドはどのように使い、どのようにサイズを選ぶことが最良かを考えてみましょう。

愛犬のベッド、ベストなサイズは? 犬の洗える日本製ベッド:ロイヤルベッド - アンベルソ

犬のベッドの理想的な使い方とは

愛犬にベッドを購入する良いタイミングは甘噛みやいたずらが治まる生後8か月頃からで、このときに一生使えるものを選ぶことが理想的です。

子犬から活動的な成犬期を経て老犬期を迎え、介護が必要になることも想定して購入することを理想とする理由は、初めて与えたベッドを生涯を通して使うことが愛犬にとって何よりも安心感を得られるものとなるからです。成長に合わせて買い替えるよりも経済的に優位でもあります。

愛犬の生涯を通して使用することを考えたときに考慮するべきポイントは、ヘタりにくく丈夫な素材であること、洗い替えのカバーなどが販売されていること、清潔を保つためのお手入れがしやすいことです。

あわせて読みたい記事:特集:愛犬のベッドの「見直しと購入」のタイミング

愛犬のベッド、ベストなサイズは? 犬の洗える日本製ベッド:ロイヤルベッド - アンベルソ

理想的なサイズとは

生涯を通して使用することを想定して購入するとき、一番重要なのは成犬がどうにでも寝返りができるサイズ(成犬が身体を伸ばしたまま寝返りしてもはみ出ないサイズ)が理想的です。

イメージとしてはベッドの真ん中に成犬の体を置いて左右両方に足を伸ばせる広さです。まだ子犬の時期は「大きすぎるのでは?」と思うかもしれませんが、成犬期になるとだんだん丁度良くなってきます。

このような一般的なサイズ選びより大きいサイズを選ぶことを理想とする理由は、自由な態勢で眠ることで筋肉を充分に伸ばし、悠々と寝返りができることで血流や体液の滞りを防ぐことができることです。子犬から成犬期では健康で丈夫な身体をつくり、老犬期では体位交換(寝返りの介助)など介護に利便性を発揮できることも大きなメリットです。

お留守番が多い場合、サークルの中にベッドを設置するために小さいベッドを選びがちですが、上質な睡眠と休息が愛犬の健康に不可欠であることを優先して、できるだけ大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

愛犬のベッド、ベストなサイズは? 犬の洗える日本製ベッド:ロイヤルベッド - アンベルソ

犬は広い寝床を好む?

犬は丸くうずくまった態勢で眠ることで安心していると思っている飼い主さんが多いと思いますが、愛犬が飼い主さんのベッドや布団に乗った時に嬉しそうにはしゃぎ回る様子を見たことがありませんか?愛犬はそこが飼い主の寝床であることをちゃんと理解しています。飼い主さんの匂いがいっぱいで広くて気持ちが良いことに興奮するのかもしれませんが、人に飼育される犬はさほど緊張感を必要とせず、いつでも安心して眠れる環境に慣れていますので、身体を伸ばして熟睡できる寝床を好む傾向があるのではないでしょうか。ベッドからはみ出してあられもない寝相で熟睡する姿もしばしば見られます。やはり根本的にも「ちょっと大きいかな?」と思うくらいのサイズが良いですね。

愛犬のベッド、ベストなサイズは? 犬の洗える日本製ベッド:ロイヤルベッド - アンベルソ

まとめ

犬用ベッドは子犬から老犬まで生涯にわたって使えるベッドで、充分な余裕があるサイズを選ぶことが理想です。ヘタれにくく丈夫である、洗い替えのカバーがある、お手入れがしやすい、この3つのポイントをぜひ参考にしてください。子犬の頃から使い慣れたベッドは愛犬にとって最高の安心感を得られるものとなるでしょう。成長の段階に応じて買い替えるよりも経済的ですので、愛犬の生涯を長い目で考えて素敵なベッドを選んであげてくださいね。

愛犬のベッド、ベストなサイズは? 犬の洗える日本製ベッド:ロイヤルベッド - アンベルソ
logo_ANBERSO(R)_blog

アンベルソ
犬のラグジュアリーベッド
http://www.anberso.com/
0120-971-710

ANBERSO®とつながろう

Instagram  Facebook  LINE