愛犬が嘔吐した時の対処と原因について

コメントはまだありません

突然、愛犬が嘔吐して驚いた経験を持つ飼い主さんも多いと思います。すべての嘔吐には何らかの原因があります。今回は犬の嘔吐についてお話ししたいと思います。


1.  犬が吐くとは?

犬は四足歩行の為、胃が横向きになっており、胃液も濃いので人間と比べて吐きやすい性質を持っています。しかし、一言に「吐く」と言っても様々なケースや特徴があります。

  • 嘔吐

嘔吐とは胃や腸から、食道を経て口から吐き出されることを指します。吐物は少なかれ消化されており、胃や小腸まで届いたことを示します。また、嘔吐の前兆として落ち着きがなくなったりよだれを垂らしたりします。頭を下げ腹部を大きく動かし、下に向けて吐き出します。

  • 吐出

吐出とは胃に食べ物が到達する前に逆流し、吐き出されることを指します。吐物は消化されていなく、もう一度食べることも少なくありません。

  • 嚥下(えんげ)障害

嚥下障害とは食べ物をうまく飲み込めずに吐き出してしまうことを指します。吐物は消化されてない為、そのままの状態で出されます。

10.2018-1


2. 犬が吐いた時の考えられる原因とは?

吐いてしまった時は、一過性なのか病気なのか原因を探りましょう。

生理的な現象による嘔吐

身体が起こす正常反応である生理的な事が原因と分かっていれば心配はありません。吐いた後、いつも通り元気な様子であれば、しばらく様子見で大丈夫でしょう。ただし、繰り返すようであれば早めに病院で診てもらってください。病気が原因でなくても消化器官の粘膜に傷がつく場合もあるので注意し、経過を観察しましょう。

  • 食べ過ぎによる嘔吐

ガツガツと早食いをして吐き、また食べるような感じであれば心配はいらないでしょう。癖になっているようであれば早食い防止の食器を試すのも効果があります。

  • 車酔いによる嘔吐

車酔いが原因のようであれば、一旦外に出て少し歩くなど気分転換をしてあげて下さい。また、食後の乗車は車酔いを招きやすくなります。心配なようであれば、一時間ほど空けてからの乗車が良いでしょう。

  • 空腹による嘔吐

胃に食べ物がない状態に、胃液や胆汁液が分泌され胃粘膜を刺激することで、その分泌液を吐くことがあります。吐いた液体が白い泡や透明な液体の場合は胃液、黄色い場合は胆汁です。特に心配はありませんが、癖になってしまうと消化液が食道を刺激し、炎症を起こす可能性もありますので掛かりつけの病院で相談しましょう。

  • 草を食べて嘔吐する

散歩中に草や落ち葉を食べて嘔吐するケースは少なくはないはずです。草を食べる習性として「胸焼けを解消するために摂取して吐き出す」「栄養素を摂取するため」など諸説ありますが、正解は分かりません。一見きれいに見える草も除草剤など何らかに汚染されている可能性がありますので、癖にしないよう注意しましょう。まれに普段のフードを変えると解消することもあります。

10.2018-2

 

病気が原因の嘔吐

下記のような場合は、病気など緊急を要する可能性があります。様子見をせずに、すぐに受診しましょう。

  • 嘔吐が止まらず何度も吐いている
  • 吐物に血が混じっている
  • 嘔吐の後にぐったりとしている
  • 下痢や熱も同時に出ている

 

胃潰瘍や膵臓・肝臓の疾患、異物の誤飲や何らかの中毒の可能性もあり、緊急処置が必要な場合もあります。時間帯によって掛かりつけの病院での受診が難しいようであれば、夜間や休日診療の病院に問い合わせて適切な指示をあおいで下さい。

  • 胃潰瘍・胃捻転

緊急性が高い病気です。何らかの原因により胃の中にガスがたまり、どんどん膨張し、周囲の臓器や血管を圧迫することにより、激痛に襲われます。様子見の間に容態が急変する危険性があります。大型犬に発生することが多く、食後の嘔吐、嘔吐が出来ない、お腹が張っているなどの症状が見られた場合は注意しましょう。

  • 異物誤飲

おもちゃやボール、紐などを誤飲してしまい、食道や胃に詰まっている時も嘔吐したり、吐こうとして激しくえずく場合があります。咳をしていたりよだれが止まらなかったりする時は異物が喉に詰まっている可能性があります。 舌の色が普段と違う場合は気管で詰まっている可能性があり、窒息の恐れがありますので、至急病院へ連絡し急いで下さい。いずれにしろ、飼い主さんの自己判断による処置は危険が伴います。必ず獣医師の診断の元、処置をしましょう。

  • 中毒

犬が口にしてしまい中毒を起こす物があります。人間の食べ物の中では、ネギ類やブドウ、チョコレートが代表的です。また、ユリ科の花など身近な植物にも危険があります。病院での診察、治療の際には「何を・いつ・どのくらい食べたのか」が非常に重要となります。出来るだけ正確に答えられるようにしましょう。食べたものがあれば現物も持参してください。タバコや除草剤などを食べてしまった場合、薬品中毒により痙攣など激しい症状を伴う場合があります。容態が急変する危険も潜んでいます。なるべく早く病院へ行きましょう。その際、先に電話で症状を伝えることにより、受け入れの態勢と飼い主さんの方で今やるべき指示をあおぐ事が出来ます。

 


3. 犬種や年齢によって嘔吐する?

吐きやすい犬種は?

気管がほそいため短頭種(ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、シーズー、パグなど)や小型犬(トイプードル、ポメラニアン、チワワなど)が嘔吐しやすい犬種と考えられます。

吐きやすい年齢は?

消化器官が未発達な子犬の時期は吐きやすいと言われています。その為、硬めのフードなどは胃でうまく消化出来ない為、嘔吐することもあります。また、老化現象として消化機能に障害が起こり、胃腸に負担がかかりやすくなる為、嘔吐が増える傾向にあります。年齢に関係なく、嘔吐は体力を激しく消耗します。胃腸に優しい、消化吸収に優れたドッグフードを与えるよう努めましょう。ただし、フードの切り替えは数週間かけて慎重に行ってください。

 


4. 嘔吐した時の水と食事の与え方

吐いた後、比較的症状が軽く、普段通り元気にしている場合は半日程度の絶食絶飲をして様子を見ましょう。喉が渇いて水分を欲しているようであれば、少量の水を舐めさせてあげて下さい。いつも通り水を飲んでしまうと、刺激になって再び吐いてしまうことがあるので注意しましょう。

半日経って吐かないようであれば、少量の水を与えて様子を見てください。30分経っても吐かないようであれば、水を与えてまた30分様子を見ましょう。食事を与える時も同様に少しずつ食べさせて、吐かないようであれば徐々に増やしてあげて下さい。途中、再び嘔吐が見られる場合はまた半日ほど絶食にします。絶食絶飲をしても嘔吐を繰り返すようであれば、元気そうであっても診察を要する状態と思われます。

 


5. 吐いた時のチェックポイント

愛犬が嘔吐したら生理現象なのか病気なのかを確認して下さい。いつもと様子が違うようであれば、早急に病院で診てもらいましょう。

□ 吐物に食べ物以外が混じっていないか

□ 吐物に血液が混じっていないか

□ 一日に数回吐いていないか

□ 吐いた後、辛そうにしていないか

□ 吐いた後に水を飲んでも再び吐かなかったか

 


まとめ

突然、愛犬が吐いてしまうと心配になりますよね。その嘔吐が生理現象なのか病気の影響なのか、吐いた後の様子を観察して下さい。吐いた後も元気があり、繰り返さないようであれば一過性の症状と思われ様子見で大丈夫ですが、ぐったりしていたり、吐物に血が混じっているなどいつもと様子が違うようであれば至急病院へ行きましょう。決して自己判断での対処はしないようにして下さい。

愛犬の変化をすぐに察知出来るよう、飼い主さんは日々スキンシップを図るよう努めましょう。

10.2018-3


プロフィール

アキバツマコ。元保護犬のフレンチ・ブルドッグのムギ(9歳♀)を家族総出で溺愛中。これから本格的に迎えるシニア期に向けて勉強中です!

犬のアレルギー-2

犬用品の人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと、バナークリックして頂けると嬉しいですわんわん 応援よろしくお願いしますしっぽフリフリ

BLOG-ranking_banner2BLOG-ranking_banner1

logo_ANBERSO(R)_blog
アンベルソ
犬の日本製ラグジュアリーベッド
http://www.anberso.com/
0120-971-710

SNS-Instagram-1SNS-LINE-1SNS-Facebook-1