シニア犬・高齢犬のベッド選び

コメントはまだありません

一般的に小型犬・中型犬の年齢で7歳頃からをシニア、11歳以上から高齢犬といわれ、大型犬では5歳頃からシニア8歳頃から高齢犬といわれています。

この年齢を迎える頃に、これまで使用していたベッドが適しているかを見直す良い機会となります。

なぜなら、犬がシニア期を迎えると、若い成犬期よりも一日の合計睡眠時間が徐々に長くなっていき、ベッドを使用する時間が長くなるからです

user-photo-70.jpg


【眠りについて】

犬は眠る、もしくは動かずじっとしていることで身体を休めて、体力や免疫力、抗体力を維持して次の行動(身の危険など)に備えていると考えられており、シニア犬の睡眠時間が長くなるのは老いによる身体の衰えにより、若い時期よりも次の行動までに必要な休養が長くなるからと考えられます。他にも、代謝やホルモン分泌の問題や、不調や痛みが関連することもあります。

犬はもともと眠りが浅いレム睡眠が主で、眠る体勢で目をつむっていても深く眠っていることはほとんどないようです。その中でどのくらいの時間が熟睡しているノンレム睡眠なのかは不明ですが、一般的にシニア犬に必要な一日の合計睡眠時間は15時間以上といわれています。犬も人と同じく、日常的に充分な睡眠時間が確保できない場合はそれがストレスになり、心と身体の健康に影響を及ぼすことも少なくないようです。

シニア期から更に高齢期を迎えると、徐々に足や腰の筋力が弱っていき、自力で歩くことが困難になっていきます。将来的には寝たきりになる可能性もあることを考慮して、愛犬の年齢時期に合った快適な寝床を整えてあげましょう

IMG_3457


【ベッドの重要性】

犬はシニア期を境に著しく老いがみえてきます。肌の乾燥が進み、体組織細胞は弾力を失い、白髪が生えて被毛が薄くなり、筋肉も細くなり徐々に衰えを増していきますので、床やクッション性がないタオルの上などで寝ていると起き上がることが困難になったり、関節を痛めてしまう心配があります。また、足が深く落ち込むような柔らかい素材のベッドは、ベッドから起き上がることが困難となります

老いが進んでいく犬の身体に無理をかけないように、その犬の年齢期や状態に合う、適切なクッション性がある犬用のベッドで寝床を作ってあげることで快適な睡眠と休息が期待でき、関節などの痛みを和らげることができます。また、眠る体勢時の内臓の圧迫と血流の妨げを軽減できます。


シニア犬・高齢犬におすすめのベッド

若いワンちゃんは寝ている間、同じ体勢を取らずに寝返りを打つことで血流を維持(体に酸素を循環させるため)したり、体温調整をしています。シニア犬や関節にトラブルがある場合、体を動かす筋力が不足しているため、自分で寝返りを打ちづらくなります。寝返りを打たずに睡眠を取ると体への負担がとても大きくなります。

ベッドの上で過ごす時間が長いワンちゃんには、体への負担の少ないベッドが必要です。また、寝返りが打ちやすい反発力を備えたベッドを選ぶことがとても重要です。ベッドを使う時間が長いほど、通気性が良く、洗えて清潔に維持できるベッドがおすすめです。

RBPB-1


大切なペットに良質な眠りを提供するロイヤルベッド

ロイヤルベッドはペットに最高の眠りを提供するため、ベッドの素材と内部構造、クッション耐久性を追求しました。一般的に普及しているワタを使用したベッドと比べると、体が沈み込み過ぎず寝返りが打ちやすいため、上質な睡眠を得やすくなっています。ダニが発生しにくくホコリが出ないクッション素材を使用したクリーンなベッドです。型崩れがなくヘタリにくいため、快適な寝心地を長期間提供し続けることが可能です。替えベッドカバーも揃っています。

RB_tag

summary2

アンベルソ

日本製ラグジュアリーベッドの概要

http://www.anberso.com/?mode=f30

 

体にやさしい寝心地

体圧分散に優れた高反発ダブルクッション構造が体を優しく支えて上質な睡眠を実現します。
ペットの体が沈み込み過ぎず、寝返りが打ちやすいため、長時間寝ていても体に負担がかかりにくくなっています。専用まくら(別売)を利用することで、あごや頭部を少し高い位置に置いて眠れるように設定できます。

0726-1

Product_RB_11

ロイヤルベッド本体の中には柔らかさの異なる2種類のクッションが2層になって入っています。下層が体重を分散して支えますので、ペットの体にピンポイントに圧がかかりにくくなっています。

DSC_9487

summary7.png

クッションはシャワーで簡単に汚れを落とせます。クッションはSEK基準に合格した抗菌防臭ならびに制菌機能も備えています。免疫力が弱い仔犬や高齢犬も安心してお使いいただけます。

クッションは、洗っても型崩れせず、わずか1時間ほどで乾く優れものです。お手入れが簡単で、長年にわたって清潔に維持しやすいベッドです。

寝返りが打ちやすい

フカフカのワタ詰めのベッドは反発力がないため、体がベッドに沈んだままとなり、寝返りを打つのが困難となり体への負担が大きくなります。特に筋力の落ちたシニア犬にとっては、ベッドの上で体勢を変えやすい高反発ベッドの方がおすすめです。

ロイヤルベッドは、高反発の高性能クッション素材を採用しているため、体が沈み込み過ぎず寝返りも打ちやすいベッドです。

ワタのベッドのように体が沈み込み過ぎない程よい柔らかさです。体勢を変える際には高反発クッションが体を動かすバネとなり、スムーズに体勢を変えるサポートをします。

優れた通気性

ワタやウレタン素材を使用したベッドより圧倒的に優れた通気性を備えています(プレミアムベッドIIよりさらに優れた通気性を備えています)。ベッド側面・底面には通気性に優れたメッシュ素材を使用。 通気性に優れているだけでなく、クッションはホコリが出ず、ダニも発生しにくい素材ですので湿度が高いこれからの時期は安心です。

Product_RB_4

ヘタらないクッション耐久性

一般的なワタ詰めのベッドの場合、購入時の心地よいクッション性は長く続きません。洗うとワタが偏って型崩れを起こし、体を安定して支えることが出来なくなります。ロイヤルベッドは、心地よいクッション性を持ちつつも、8万回もの繰り返し圧縮試験でほとんどヘタらない圧倒的な耐久性を持ったクッション素材をベッドコア層にダブルで使用しています。ワタのベッドと違いペットの生涯を快適に支え続ける耐久性を備えているため、ベッドを買い替える必要がなくなり経済的です。替えベッドカバー各種、防水カバーもそろっています。

DSC_2159

ロイヤルベッド本体

商品ページ: http://www.anberso.com/?mode=cate&cbid=1882357&csid=2

ベッドカバー

商品ページ: http://www.anberso.com/?mode=cate&cbid=1882484&csid=0

 


Banner_LINE@

友だち登録をしてクーポンGET!

友だち追加

↑クリック

 


犬用品の人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと、バナークリックして頂けると嬉しいですわんわん 応援よろしくお願いしますしっぽフリフリ

BLOG-ranking_banner2BLOG-ranking_banner1

logo_ANBERSO(R)_blog
アンベルソ
犬の日本製ラグジュアリーベッド
http://www.anberso.com/
0120-971-710

SNS-Instagram-1SNS-LINE-1SNS-Facebook-1

 

amazon_payments_ForPC_486x60

お届け先やカード番号の入力がなく、スピーディーにお買い物ができます!