犬の肥満とダイエット

コメントはまだありません

今回は「犬の肥満とダイエット」についてです。犬はガリガリよりもぽっちゃり目の方がかわいいなんて言われたりしますが、肥満は健康に害を及ぼす恐れがあります。肥満の予防や健康的なダイエットについて考えてみましょう。

肥満とダイエット-3.jpg


1. 犬の肥満は健康の大敵

肥満は人間の場合と同様、健康に悪影響を与えます。

  • 関節

体重が増加することにより、関節への負担が大きくなります。すでに関節炎や椎間板ヘルニアなどの発症がある場合は、症状悪化の恐れがあります。

  • 内分泌疾患

糖尿病やクッシング症候群を引き起こしやすくなります。また浮腫み、抜け毛、皮膚トラブルなどの症状が出る甲状腺機能低下症にかかりやすくなります。

  • 心臓

体内に血液を巡らせる心臓に負担がかかり、老化を早める原因になります。

  • 気管生涯

脂肪により気管が圧迫される為、異常に拡張または扁平化することで気管虚脱を起こし、呼吸が困難になる場合があります。特に小型犬や短吻種では注意が必要です。

犬の肥満は病気のリスクを高める原因となります。少しでも健康で長生きしてもらう為にも、体重管理は必須です。


2. 肥満の原因

肥満の原因も人間の場合と同様です。生活や運動などで消費するエネルギーよりも、食べ物から摂取するエネルギーの方が多いからです。

基礎代謝は加齢により下がっていきます。若い頃と同じ内容の食事をし続けていたら、それもまた太る原因となります。犬の年齢によって食生活も見直しましょう。また、食生活のほかに避妊・去勢手術によって生じるホルモンバランスの変化なども考えられます。

犬自身は自分で食生活を管理する事が出来ません。太らせるのも痩せさせるのも飼い主さん次第なのです。

-1


3. 健康な体重・体型を知る

  • ボディコンディションスコア(BCS)でチェック

ボディコンディションスコア(BCS)を参考に愛犬の体型をまずは確認してみましょう。病院などでも、この表をご覧になったことがあると思います。犬の体を触ったり、見たりすることで肉づきを把握し、体型を評価するものです。

-5

出所:飼い主のためのペットフード・ガイドライン~犬・猫の健康を守るために~(環境省)

<BCS1> 痩せすぎの犬 体脂肪率5%以下

肋骨や腰骨などがくっきりと浮き出ている状態は、痩せすぎと判断されます。真上から見た時に、砂時計のようにくびれが大きいのが特徴です。

<BCS2> やや痩せている犬 体脂肪率5~15%

痩せすぎではないものの肋骨がやや浮き出ていてくびれも大きい状態です。皮下脂肪がなく体形が華奢でウエストが細いと痩せ気味であると考えられます。

<BCS3> 理想的な体型の犬 体脂肪率15~25%

理想的な体型の犬は、体重も標準で薄い皮下脂肪がついている為、撫でると骨が分かるのが特徴です。真上から見たウエストのラインも緩やかにカーブしています。

<BCS4> やや肥満の犬  体脂肪率25~35%

見た目では肋骨がわからないほど皮下脂肪がついていて、腰回りにくびれがほとんど確認できない状態です。横から見てもお腹周りが引き締まっていないことがわかります。

 <BCS5> 肥満の犬 体脂肪率35%以上

皮下脂肪の割合が多く、真上から見ても横から見ても丸々としています。見た目はもちろん触っても肋骨が確認できない状態です。体重も基準よりも多く肥満と判断されます。様々なリスクを考えてダイエットを進めることが大切です。

犬は同じ犬種でも骨格にばらつきがあります。まずは上記を参考にして愛犬の肥満度を確認しましょう。

  • 動物病院で体重測定

犬の肥満チェックには色々な方法がありますが、いちばん的確なのは動物病院で測ることです。掛かりつけの病院でしたら、その犬の特性と合わせた理想的な体重を教えてくれます。健康な状態なのに病院での受診は気が引ける方もいるかもしれません。でも定期的な受診により、体調の変化や不調の早期発見に繋がります。些細なことから相談が出来るよう、病院と信頼関係を築くことも大切です。


4. 肥満の予防

毎日の工夫で肥満を予防しましょう。

  • 過度におやつを与えない

ちょっとの一口も積み重なればカロリーオーバーの危険があります。とくに小型犬は気を付けましょう。

  • 適度な運動

散歩で体を動かし、エネルギーを消費しましょう。激しいトレーニングは不要です。いつもより長めの距離を散歩するなど、体に負担のない程度の運動で充分です。日々続けることにより筋力が付き、基礎代謝が上がり、エネルギーが消費されやすい体質になることも期待できます。

  • 定期的な身体測定

肥満の警告が出る前に、体重や胴回りを測定し記録しましょう。体調などと合わせて記録することにより、変化に気づきやすくなります。

-2


5. 犬のダイエットのコツとは

  • ダイエットを始める前に

愛犬の肥満の原因が食べ過ぎや運動不足など生活習慣からなのか、それとも病気から発症した肥満なのか確認しましょう。また心臓病など何らかの持病がある場合、自己流は厳禁です。必ず掛かりつけの獣医さんに指導してもらうようお願いします。

  • 目標値を決める

人間のダイエットと同じ減量の仕方は大変に危険です。1kg減らす場合、50kgの人間では全体の5%の割合となります。しかし、5kgの小型犬では全体の20%の割合にもなるのです。同じ1kgの減量ですが、これだけ負担に差が生じます。

目安としては、1週間で体重の1~3%を減らすことが適当と言われています。これは5kgの小型犬の場合、50g~150gに相当します。また、体重の10%を減量したい場合は2ヶ月ほどかけるのが、無理のないダイエットのペースとなります。

  • 食事を工夫する

肥満の原因の一つとして食べ物の摂取量が多すぎることが考えられます。ストレスを感じさせない程度の緩やかな食事制限をしましょう。

①フードの量を減らす

  • 市販のドッグフードを与えている場合、袋に明記されている量を参考にしていると思います。その場合、しっかり計量していますか?そして、その量は必ずしも適量とは限りません。今一度、正しい量を計量してみましょう。そのうえで、フードの量を気付かない程度に少しずつ減らしましょう。1日2回の食事を3回に分けて少量ずつ与えるのも効果的です。減らしすぎによる栄養不足には十分に注意して下さい。

②ダイエット用のフードに変える

  • 市販のドッグフードを与えている場合、ダイエット用に切り替えるのも効果的です。ただし、急な切り替えは体に負担を掛け、お腹の調子を崩すことも。1週間ほどかけて徐々に切り替えましょう。手作りごはんの場合は赤身のお肉からささ身に変えたり、茹で野菜でかさましがおすすめです。

③おやつを工夫する

  • 今まであげていたおやつを一切止めてしまうのは、ストレスになります。回数を少しずつ減らすようにしましょう。また一度の量を小さく刻み、回数を多く感じるようにあげるのも満足感が得られるのでお勧めです。

④刺激のある散歩をする

  • エネルギーを消費させるために普段やり慣れない激しい運動をするのは、体に負担がかかり大変危険です。いつもの散歩コースを少し遠回りしたり、坂道や階段を歩くだけでも良い運動になります。

まとめ

適正な体重を維持することは愛犬の健康に繋がります。また、肥満は寿命にも関係するといわれています。少しでも長生き出来るよう、飼い主さんの責任とサポートが大切となります。気になる方はぜひダイエットに挑戦してみましょう。


プロフィール

アキバツマコ。元保護犬のフレンチ・ブルドッグのムギ(9歳♀)を家族総出で溺愛中。これから本格的に迎えるシニア期に向けて勉強中です!

犬のアレルギー-2

logo_ANBERSO(R)_blog
アンベルソ
犬の日本製ラグジュアリーベッド
http://www.anberso.com/
0120-971-710

SNS-Instagram-1SNS-LINE-1SNS-Facebook-1

犬用品の人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと、バナークリックして頂けると嬉しいですわんわん 応援よろしくお願いしますしっぽフリフリ

BLOG-ranking_banner2BLOG-ranking_banner1