便と健康について

便と健康について

コメントはまだありません

みなさんはワンちゃんの毎日の排泄物をチェックしていますか?

排泄物は健康状態のバロメーターです。そして特に便は言葉で伝えることが出来ない犬にとって体調を教えてくれる貴重なデータ。

ワンちゃんが体調を崩しやすい暑い時期は、日々の様子を確認して異変に素早く気づくようにしましょう。

IMG-1270.jpg


便で健康状態が分かる?

犬も人も食べた物が食道→胃→小腸→大腸を通り、体に必要な栄養素や水分を吸収し、その残りが便として肛門から排泄されます。その過程で何らかの異常や不具合があると、良い便として排泄されないのです。


健康な良い便とは

健康な犬の便はどんな状態を指すのでしょうか。

正常な便は『形は断面が丸く細長い筒型・拾い上げる時に形が崩れない・シートや地面にあまり汚れが残らない・色は茶色から黄土色』が一般的です。ただし、食べているフードがドライフードや手作りのごはんか、またフードの原料によって状態は変わります。臭いも食べたものからの影響が出ます。腸内環境が整っていない、消化がしづらい場合は臭いがきつくなります。そして便の回数は、食事の回数にプラス1回~2回程度。食事の量や腸の働きにもよります。

犬の便は『形状・硬さ・色・臭い』がポイントとなります。チェックする際は日常的に排出している便のタイプを把握しておくことが重要となります。


軟便、下痢が出た場合

軟便のレベルは色々あります。いつもの便よりも柔らかい、どろっとしたペースト状の便、粘膜のような便など様々です。また水のような便は完全な下痢です。

犬の軟便や下痢は珍しい事例ではありません。数日でいつも通りに戻ったり整腸剤で治る場合もありますが、放っておくと重症化してしまう恐れもあります。感染症や他の病気の可能性もある為、早めに病院で受診をしましょう。

下痢が長引いてしまうと、想像以上に体力を消耗します。体力のない子犬やシニア犬は要注意です。受診の際、可能であれば便を持参し診てもらいましょう。無理であれば出来るだけ具体的に詳細を説明できるようにしましょう。


軟便、下痢が出る原因

  • 過食や過飲

食べ過ぎや水分の飲み過ぎ、また脂肪分の取り過ぎも原因となります。年齢とともに変わりますので愛犬にとっての適量を見直しましょう。

  • フードの変更

フードを切り替える際は急に変えるのではなく、少量ずつ1週間ほどかけて慣れさせましょう。

  • 食物アレルギー

アレルギーの症状として起こります。フードに該当する可能性はないか確認しましょう。

  • 食中毒

犬が食べてはいけない食材(ネギ類やチョコレートなど)やタバコの吸い殻、毒性の強い植物(ユリ科、チューリップ、ヒヤシンスなど)の接触、化学物質よる中毒など。好奇心旺盛な子犬、また成犬でも空腹時の拾い食いは大変な危険を伴います。

  • 寄生虫

回虫、鞭虫など腸内寄生虫が原因。成犬では比較的症状が出ませんが、子犬やシニア犬など体力・免疫力が低下している場合、重症化してしまいます。

  • 伝染病

犬ジステンパーウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症などはワクチン接種をしていれば可能性は低いでしょう。サルモネラ菌などの腸炎が下痢を引き起こす場合があります。

  • ストレス

緊張やストレスが続いた場合。引っ越しなど環境の変化、長時間の留守番、飼い主さんとのコミュニケーション不足など、何らかの緊張やストレスによって下痢になることがあります。思い当たる場合は早急に改善してあげましょう。

  • 冷え

お腹はほかの部位に比べて被毛が薄くなっているため、冷えがちです。特に夏はクーラーや冷え冷えマット、冷たい水などお腹を冷やす条件が揃っています。子犬やシニア犬は特に注意しましょう。

  • 腫瘍やガン

治ったり下痢になったりを繰り返す場合があります。要検査。


下痢が起きたときの対処

もし下痢の症状が出たら、半日から丸一日絶食をして胃腸の調子を整えるのが一般的です。下痢により水分が排出されてしまう為、水分補給はしっかりしましょう。一度に多くの水分補給は症状を悪化させる場合があります。少量ずつこまめに与えてあげて下さい。

それでも下痢が続いたり、明らかに様子がおかしい場合は早めに病院で受診をしましょう。また、治ったり下痢になったりを繰り返す場合、前述したように腫瘍やガンなどの病気の可能性もあります。気になるようであれば一度検査をすることをおすすめします。


心配な下痢とは

犬にとって下痢は珍しいことではありません。とは言え、体の異常を示すバロメーターです。以下のことがあてはまる場合は様子見ではなく、至急病院へ行って下さい。

  • 元気がない、ぐったりしている
  • 食欲不振
  • 同時に嘔吐も起こしている
  • 血便
  • 下痢が数日続いている
  • 一日に何度も下痢をする
  • 体重が減少している

硬くてコロコロの便が出る場合

便が腸でとどまっている状態が長いと、水分が吸収されて硬くコロコロとした形状となります。長く続くようですと便秘になってしまいます。何らかの病気の影響も考えられますので、長期間の様子見は危険です。早めに受診をしましょう。


硬い便や便秘の原因

  • 水分の量が少ない

水をあまり飲まない場合、ドライフードをお湯や出汁でふやかしたり、ウェットタイプのフードや生野菜などを与えて少しでも水分が取れるよう工夫しましょう。

  • 食事があわない

ドッグフードが体に合わない場合、消化がうまく出来ずに下痢や便秘になりやすくなります。日ごろから成分表示を注意するようにしましょう。また量が少なすぎると便秘になる傾向があります。食事の質と量を今一度考えてみましょう。

  • 運動不足

適度な運動をすることにより、胃腸の働きを高める副交感神経が活発になり排泄を促します。シニア犬など運動が困難な場合はドッグマッサージで血行を良くすることも効果的です。

  • 異物を飲み込んだ

おもちゃやビニール、石などの異物によって腸が詰まる場合があります。

  • カルシウムの過剰摂取

日常的に煮干しや骨を食事やおやつとして与えている方も多いと思います。健康な体にカルシウムは不可欠ですが過剰な摂取は便秘を招くので量を調節しましょう。

  • 食物繊維の不足

人と同様に犬の場合も食物繊維が有効に作用します。果物やきのこ類、海藻など少しずつ与えてみて下さい。特にきのこ類や海藻は馴染みのない食品です。食べやすいよう柔らかく火を通してから刻んであげましょう。

  • 病気の影響

肛門嚢炎、前立腺肥大、腸閉塞などの可能性があります。


便秘は重病の原因になることも

犬の便秘は万病の元とも呼ばれています。便秘が慢性化すると、排泄されるはずの老廃物が体内にとどまることで、大腸に便がガチガチに詰まってしまう巨大結腸症の恐れがあります。また、悪玉菌が増加し癌の原因にとなりかねません。早めに病院で相談をすることをおすすめします。


腸内環境を整える

良い便がなかなか出ないお腹のトラブルを起こしやすいワンちゃんも多いと思います。腸内環境を整える食生活に改善してみましょう。

腸内環境が整っていれば腸内の善玉菌が消化を助け、良い便へ促してくれます。善玉菌は加齢とともに減少していきます。腸内の善玉菌を増やす、量を保つことは長寿に繋がるとも言われています。ヨーグルトやオリゴ糖、サプリメントなどで補うことにより改善が見込まれます。ワンちゃんにとって好みの方法を探してみて下さい。

アンベルソからのご提案

腸内環境の改善を促す「乳酸菌」と免疫力を高める働きのある機能性タンパク質「ラクトフェリン」を摂取するためのサプリメントです。

BS_descr-1.jpg

 

バリアサプリ(パピー・ジュニア)

http://www.anberso.com/?pid=105708391

バリアサプリ(アダルト・シニア)

http://www.anberso.com/?pid=105711177

 


まとめ

便は健康状態や毎日の食事が適正かどうかなど正直に教えてくれます。便の硬さ、色、量、臭いなど毎日確認しましょう。変化に気づくことは病気の早期発見にもつながります。家族で情報を共有することも大事なポイントとなります。愛犬の健康を守るためにもしっかり体調管理してあげて下さい。

IMG-1288


プロフィール

アキバツマコ。元保護犬のフレンチ・ブルドッグのムギ(9歳♀)を家族総出で溺愛中。これから本格的に迎えるシニア期に向けて勉強中です!

犬のアレルギー-2

logo_ANBERSO(R)_blog
アンベルソ
犬の日本製ラグジュアリーベッド
http://www.anberso.com/
0120-971-710

SNS-Instagram-1SNS-LINE-1SNS-Facebook-1

犬用品の人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと、バナークリックして頂けると嬉しいですわんわん 応援よろしくお願いしますしっぽフリフリ

BLOG-ranking_banner2BLOG-ranking_banner1